ベンガル愛好会

ベンガルをこよなく愛する人のためのコミュニティです。 ベンガルの魅力を語ったり、かわいい写真を披露したり、ベンガル好きさんたちで楽しく交流しちゃいましょう!

豹柄のお話🐆✨🎵

豹柄のお話🐆✨🎵

ファッションの分野で根強い人気をもつ豹柄。🐆✨🎵💕
最近では、タイガー(虎)柄、ゼブラ(シマウマ)柄、ジラフ(キリン)柄、など、さまざまな動物の模様柄(アニマル柄)の生地を使ったアイテムも増えています。🎵✨💕
よく見て考えてみると、これはヒョウ柄かしら??なんて模様柄があります。それもそのはず、世の中で売られているヒョウ柄ファッション、ヒョウ柄のアイテムなどの商品には、ヒョウではなく他のネコ科動物の模様柄が紛れ込んでしまっていることもあります。✨
その様な豹柄ついて、調べた事や思った事をまとめていきたいと思います。✨

ヒョウ柄のファッション🐆✨🎵💕

ヒョウ柄の服を着ているイメージ🐆🎵✨といったら、やっぱり大阪のおばちゃんですよね。しかし、その大阪以上にヒョウ柄を愛している県民がいたのです!
とあるファッション通販サイトが、都道府県別にヒョウ柄アイテムの年間購入金額などをポイント化し、比較した日本一ヒョウ柄を買っている都道府県民ランキングによると、この県が一位とは思ってもみませんでした。✨

日本一ヒョウ柄を買っている都道府県民ランキング✨
第1位:埼玉県
第2位:大阪府
第3位:岐阜県
第4位:東京都
第5位:福岡県

1位に輝いたのは埼玉県。大阪府を抑えて埼玉県という調査結果✨
埼玉県民は他県民よりも単価の高いヒョウ柄アイテムを購入しており、調査の結果、埼玉県民は他県民よりも単価の高いヒョウ柄アイテムを購入していて、年間購入金額も圧倒的に高いことが分かったそうです。年間購入金額が圧倒的に高いことが分かります。
第2位の大阪はダントツ首位ではないものの、やはり強かったという印象です。第3位は岐阜県がランクイン、続いて4位に東京、第5位は福岡という結果。全体的に上位には、都市や都市近郊が多くランクインしています。
埼玉県はファッションが派手というイメージがそこまでないだけに、この結果はちょっと意外に思う人もいると思います。
大阪でヒョウ柄を着ているのはおばちゃんが多いイメージですが、一番ヒョウ柄着てる大阪のおばちゃんは地元の商店街で買って、ファッション通販サイトでは買わないからなのか、どうかはわかりません。彼女たちがファッション通販サイトで服を調達し始めたら、ランキングも変わってくるかもしれません。
ヒョウ柄のファッション🐆✨🎵💕その2

ヒョウ柄ファッション大阪のおばちゃん。そんなイメージが強いですが、日本で最もヒョウ柄ファッションを購入しているのは、埼玉県が圧倒的に高く、大阪府は2位だそうです。
埼玉県でヒョウ柄を着ている若い女の子は多いそうです。東京の子は、最先端の服をどんどん着る。埼玉の子は、最先端にはあまり手を出さないけど、おしゃれはしたいという傾向だそうです。
テレビ番組の取材によると、大阪でヒョウ柄を身につけているのは圧倒的におばちゃん達が多いのに対し、埼玉県内で発見したヒョウ柄ファンションの多くは20代~30代の若者であること。そして、女性に限らず男性もファッションとしてヒョウ柄を身につけていることでした。

レオパード柄(豹柄)は、日本全国、世界的に人気の柄だそうです。 ✨
流行に左右されない普遍的なファッションだそうです。

大阪のおばちゃんがヒョウ柄で有名なのは、大阪のおばちゃんがお茶目で明るく楽しいので、取り上げられて有名になったそうです。✨🎵💕
ヒョウにはじまり、アニマル模様は、トラやライオン、キリンにシマウマ、なかにはダルメシアンなど犬柄を身につけている人も。特に兵庫県は阪神タイガースの本拠地ということも影響してか、ヒョウ柄に負けないくらいトラ柄ファッションを身につけたおばちゃんも多く見られるそうです。
さらに、関西のおばちゃんのファッションで特徴的なのは、強そうなヒョウやトラの顔がデカデカとプリントしてあるトップスに、スワロフスキーやビーズで目の部分をキラキラと輝かせたデザインのもの。✨✨🎵💕
最近では、トラやヒョウの顔をそのままリュックのデザインとした、アニマル顏リュックを持つ人も増え、関西はもはやヒョウ柄ではなく、アニマル柄全般がファッションとして根付いているそうです。🐯✨🎵
ヒョウ柄のファッション🐆✨🎵💕その3

好きなアニマル柄は?✨
ランキングトップを飾った埼玉県在住男女の、ファッションの好みに関するアンケートによる好きなアニマル柄は、

ヒョウ柄    49.5%
ゼブラ柄    33.0%
ダルメシアン柄 29.5%
クロコダイル柄 21.5%
バイソン柄   18.0%
その他      4.5%

アニマル柄が好きという回答者のうちヒョウ柄が好きと回答した人は約50%。
以上のように、埼玉県民は「柄物やヒョウ柄が好き」という意外な県民性が明らかとなったそうです。🐆✨
豹柄についてのお話🐆✨🎵

ファッションの分野で根強い人気をもつ豹柄。🐆✨🎵💕
最近では、タイガー(虎)柄🐯、ゼブラ(シマウマ)柄🦓、ジラフ(キリン)柄🦒、など、さまざまな動物の模様柄(アニマル柄)の生地を使ったアイテムも増えています。🎵✨💕
世の中で売られているヒョウ柄ファッション、ヒョウ柄のアイテムなどの商品には、ヒョウではなく他のネコ科動物の模様柄が紛れ込んでしまっていることもあり、よく見て考えてみると、これはヒョウ柄かしら??なんて模様柄があります。✨
豹柄🐆✨🎵💕
黒斑が輪状に並んでいるものが正しいヒョウ柄です。🐆✨🎵

ファッション、アイテムなどのデザインの例です。
豹柄🐆✨🎵💕

本物の豹柄🐆✨🎵💕
豹(パンサー)🐆✨🎵💕
レオパードは、ヒョウ。また,その毛皮。ファッションでよく使われます。
哺乳綱食肉目ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類。
ネコ科の構成種では最も広域分布し、サバンナや熱帯雨林・半砂漠など様々な環境に生息すします。体長は100cmから150cm、体重は30kgから90kg。全身は柔らかい体毛で密に被われており、黒い斑点が見られる。主に小型から中型の有蹄類を摂食するが、霊長類、鳥類、爬虫類、魚類、昆虫など多様な食性です。✨
ジャガー柄🐆✨🎵💕

ヒョウではなくジャガーの模様。🐆✨
輪状の黒斑の中央に1、2個の点状の黒斑が並ぶ模様です。✨🎵💕
ジャガーのジャガー柄🐆✨🎵💕

ジャガー柄は特にヒョウ柄と間違えやすいです。そのせいか、ヒョウ柄として出回っている例があります。🐆✨
ジャガーの柄模様🐆✨🎵💕

輪状の黒斑の中央に点状の黒斑が有ります。🐆✨
削除されました
ジャガー🐆✨🎵💕
食肉目ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類で、北アメリカ大陸南部、南アメリカ大陸に分布しています。ヒョウ(豹)は、食肉目ネコ科ヒョウ属に分類され、アフリカ大陸からアラビア半島・東南アジア・ロシア極東にかけて最も広域分布しています。

ヒョウと比較するとより全長や体重・足裏は大型で、尾が短かめ。また体格に比べ頭骨が大きく、噛む力が非常に強いのが特徴。体色は淡黄色や黄褐色で、黒い斑点の周囲に黒い斑紋が囲む形状の斑紋(梅花紋)が入ります。また、ヒョウと同様に黒変種(ブラックジャガー)も存在します。
体長120-185cm、肩高68 - 75cm、尾45-75cm、メキシコでの雄の平均体重は約50kg。ブラジルでは平均体重オス94.8キログラム・メス77.7キログラム、ベネズエラでは平均体重オス95kg・メス56.3kgという報告例があるそうです。

現存するネコ科では本種が最もスミロドンの体型に近いともいわれています。 ジャガー(Jaguar)という名前は南アメリカ先住民のヤガーという言葉から来ており、これは「一突きで殺す者」という意味が含まれているそうです。✨
黒の斑点が黄色地に並ぶ模様。✨

ファッション、アイテムなどのデザインの例です✨
ヒョウではなくチーターの模様に似ています。
チーターの模様 🐆✨🎵💕
チーター 🐆✨🎵💕
チーターは、食肉目ネコ科チーター属に分類される食肉類。本種のみでチーター属を構成します。ヒョウに酷似しているがやや小柄で別属に分類されます。✨
熱帯雨林地方を除くアフリカ大陸、イランで、古くはサハラ砂漠と熱帯雨林域を除くアフリカ大陸全域、パレスチナからアラビア半島・インド・タジキスタンにかけて分布していました。
体長110 - 150cm。尾長60 - 90cm。肩高67 - 94cm。体重35 - 72kg。体型は細く頸部から背にかけて体毛が伸長する。毛衣は淡黄色で硬く、黒い斑点が点在する。和名や英名は「胴体に斑点がある」という意のサンスクリット語chitrakaに由来する。眼の内角から口にかけて黒い筋模様が入る。尾には黒い帯模様が入り、先端の毛衣は白い。
頭部は小型。耳介は小型で、やや扁平。虹彩は黄褐色で、瞳孔は丸い。犬歯および歯根は小型だが、これにより鼻腔が広くなり呼吸量を増加させると共に、獲物に噛みつきながら呼吸がしやすくなっている。四肢は細長く、爪は、生後約10ヶ月以降は、さやに引っ込めることができない。これにより爪がスパイクの役割をして、速く走ることに適しています。属名Acinonyxは「動かせない爪」の意だと考えられています。✨
豹柄🐆✨🎵💕
同じヒョウ(豹)という名を持ちながら別種であるユキヒョウがおります。✨
目にしたことのある方もいると思います。下の白いヒョウ柄が、まさにユキヒョウ柄なのです。寒くて高い山の上に棲んでいるので、毛が長いのが特徴です。✨

ファッション、アイテムなどのデザインの例です。
冬になるとこのユキヒョウ柄のアイテムが人気を集めるそうです。✨

ユキヒョウの模様 🐆✨🎵💕
ユキヒョウ🐆✨🎵💕

ユキヒョウは、食肉目ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類です。
分布
アフガニスタン東部、インド北部、ウズベキスタン東部、カザフスタン東部、キルギス、タジキスタン、中華人民共和国西部、チベット自治区、ネパール、パキスタン北部、ブータン、モンゴル、ロシア南部。雲南省では絶滅。

形態
体長100 - 150cm。尾長80 - 100cm。肩高60cm。体重オス45 - 55kg、メス35 - 40kg。尾は太くて長く、斜面や雪上でバランスをとるのに適しています。尾も含めた全身は長い体毛で被われ、冬季には特に伸長し温度の低い高山帯に適応している。体色は背面が淡灰色や淡黄色、腹面は白い。体側面には暗色の斑紋で縁取られた不明瞭な斑紋が入る。正中線に沿って黒い筋模様が入る。
耳介は小型。眼は上部に位置し、岩陰に隠れながら獲物を探すのに適していると考えられている。虹彩は灰黄色で、瞳孔は丸く収縮する。鼻腔は幅広く、これにより冷たい空気を吸い込んでも温めて湿度を与えることができる。足裏は体毛で被われ]、防寒や接地面積が大きく雪面でも滑りにくくなっている。

ミテミテ初回投稿キャンペーン 300ポイントプレゼント