【初心者向け】スマホでもできる! 愛犬&愛猫をかわいく撮影するコツ10選

「何してもかわいい!」はずの我が子なのに、実際に撮影してみると思っていたのと違う……ということはありませんか? 
写真撮影が苦手な飼い主さんへ、”今より少しだけうまくなる”スマートフォンでの撮影テクニックを伝授します! ちょっとした工夫で写真がいつもと違う仕上がりに♪ ぜひチャレンジしてみてくださいね。

  • この記事をシェア
  • Facebook
  • Twitter
  • はてブ
コツ1 フラッシュは使わない

コツ1 フラッシュは使わない フラッシュは使わない

スマートフォンに搭載されたLEDフラッシュは、白っぽく明るすぎるという難点があります。また、犬や猫の目は暗闇でも見えやすい構造で、強い光が苦手。強い光を直接目に当て続けると、網膜に悪影響を及ぼすと言われています。光そのものが犬や猫にストレスを与えることもあるので原則としてフラッシュの設定はOFFにすると覚えておきましょう。
どうしても使いたいときは、フラッシュの部分にティッシュなどをかぶせて撮影するといいですよ。やわらかく自然な印象の仕上がりになります。

コツ2 レンズをきれいにしておく

コツ2 レンズをきれいにしておく レンズをきれいにしておく

なんだか撮った写真がぼんやりしている、なんてことはありませんか? スマートフォンはバッグやポケットなどに無造作に入れられることが多く、意外と汚れています。レンズが汚れていると霧がかかったようにモヤっとした写真になってしまいます。 レンズはメガネ拭きなどを利用してこまめに拭いてください。傷がつくことがあるので、ティッシュで拭くのはやめましょう。

コツ3 明るさを調整する

コツ3 明るさを調整する 明るさを調整する

犬や猫にカメラを向けてみたら、「なんだか暗い or 明るすぎる」などということがありますよね。画面が暗いと感じたときは、暗い場所をタップしてください。明るいときは、白っぽいところをタップします。スマホのカメラが自動的に明るさを調整してくれますよ。

コツ4 目線を合わせる

コツ4 目線を合わせる 目線を合わせる

特に犬の飼い主さんで多いのが、いつも同じ角度の写真。いつもまっすぐ仁王立ちで写真を撮っていませんか?
こちらを見上げる姿もかわいいですが、 自らがしゃがんだり寝転がったりして、犬や猫と同じ目線で撮影してみてください。ふだんと違う表情が見れるかもしれませんよ。

コツ5 チャームポイントに寄ってみよう

コツ5 チャームポイントに寄ってみよう チャームポイントに寄ってみよう

毎回画面のなかに愛犬をきっちり収めようとしていませんか? たまには顔だけ、耳だけ、しっぽだけ、足先だけなど、飼い主ならではの「イチ押しパーツ」に近づいて撮影してみましょう。きっと新鮮ですよ。近づくと逃げられる場合は、寝ている時を狙うのもおすすめです。

コツ6 構図を意識しよう (正方形バージョンをつくる) 構図を意識しよう

ちょっとでいいから写真を上手に見せたい! そんなときは、シャッターを切る前に構図を意識してみましょう。カンタンにできる構図をご紹介します。

おすすめ構図① 三分割法

おすすめ構図① 三分割法

画面を縦横1/3に分割し、分割した線の交わる位置に被写体を置くというものです。グリッド線を意識すると意外と簡単ですよ。

グリッド線とは
カメラの画面上に表示される格子線で、画面を9つに分割しています。表示されていなければ、スマートフォンの「設定」の、カメラのページで表示させましょう。

おすすめ構図② 対角線法

おすすめ構図② 対角線法

画面に垂直・水平に置きがちな被写体を斜めに配置する構図です。多頭飼いの場合や小物などと一緒に撮るときなども、横に並べるより対角線上のほうがすっきりオシャレに見えます。

おすすめ構図③  日の丸構図

おすすめ構図③  日の丸構図

ずばり日の丸のようにど真ん中に被写体を配置するものです。ありがちな構図ですが、正方形にすると意外とハマることも。コツは真上や真横から撮影すること。普段撮影しない角度を探すと新鮮な仕上がりになります。撮影後は、スマートフォン上で正方形にトリミング加工してください。 「インスタグラム」など人気の写真SNSでは正方形も多いですよね。SNSでは縦長の写真が勝手にトリミングされることもあるので、正方形前提で撮影してしまうのもひとつの手ですよ。

コツ7 目線の先に余白をつくる

コツ7 目線の先に余白をつくる 目線の先に余白をつくる

ペットの目線の先の空間を広めにして撮ると、遠くを見ているかのような、物語性のある写真になりますよ。 光が差し込む方向に余白をつくる方法もおすすめ。明るいヌケ感が出てさらにおしゃれな仕上がりに。

愛犬・愛猫の注意を向けさせる

愛犬・愛猫の注意を向けさせる 愛犬・愛猫の注意を向けさせる

名前を呼んでも、犬や猫がまったくこちらを向いてくれないことがありますよね。そんなときは奥の手として、おもちゃやおやつをレンズに近づけましょう。レンズに注目してくれるはずです。

コツ09 とにかく連写すべし! 偶然の産物が撮れちゃうかも!

コツ09 とにかく連写すべし! 偶然の産物が撮れちゃうかも! とにかく連写すべし!
偶然の産物が撮れちゃうかも!

奇跡の1枚を狙って撮るより、奇跡の1枚を選び出しましょう。連写機能を使ってたくさん撮影すれば、犬や猫が多少動いても、かわいい表情が切り取れている可能性が上がります。あえて動きが機敏になる遊んでいるときに撮ってみてもいいですね。ボケたりブレたりした写真は後で削除してしまえばよいので、とにかくたくさん撮ってみましょう。アイドルやモデルなど、奇跡のような「自撮り」を公開している人たちも、連写したなかから選ぶことが多いそうですよ。

コツ10 いざとなったら編集!

コツ10 いざとなったら編集! いざとなったら編集!

スマートフォンには写真の編集機能があります。撮った写真がイマイチなときは、編集でカバーしましょう。余計なものが写り込んでいたり、対象が小さすぎたりする場合はトリミングするといいですね。そのとき、構図を意識して編集するとさらによくなりますよ。 画面が暗いときは明るくできますし、「どうにもならない!」と思ったらセピアやモノクロに加工するという手もあります。加工するアプリもたくさんあるので、慣れたら利用してみるのも楽しいですね。

好きこそものの上手なれ。さっそく撮影してみよう! 好きこそものの上手なれ。さっそく撮影してみよう!

愛犬や愛猫を撮影するとき、今すぐ実行できるコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
愛犬や愛猫の魅力を伝えられるのは、一緒に暮らす飼い主さんだけ。ちょっとした工夫で、かわいい愛犬や愛猫を魅力的に写しましょう!

ミテミテ初回投稿キャンペーン 300ポイントプレゼント